セカンドマネーライフ

リアルにネットで副業を試みる検証ブログ

知られざるドメインとSEOの関連性

SEO

投稿日:2014年4月8日 更新日:

ドメインがSEO対策に関係ないと思っている人も多いと思いますが、実はそんなことはありません。
Googleはユーザーが検索する問題に答えられるサイト且つ、信用性のあるサイトかどうかを判断して検索結果を出します。
そういう条件の中でどのように対策するかを考えると細かい部分に気を使っていかなくてはなりません。

ここで説明するドメインの部分も、細かいのですが拘っていく必要があります。

 

ドメインとサイトのテーマは合わせるべき

例えば貴方が『SEO対策について』を調べようとしていた時に、検索結果で表示された次の2サイトに全く同じ内容が書いてあった場合どちらのサイトを信用しますか?

① http://seo-helper.com/
② http://affiliate-master.com/

これは例なんですが、①はSEOについてをテーマにしたサイトなんだとハッキリとわかりますよね。それに比べて②のサイトはアフィリエイトについてのサイトでSEOは補助的に考えているサイトなんだと認識されてしまいます。

おそらく次回以降SEOについて調べる時はのサイトを見ようと思うんじゃないでしょうか。

細かい部分ではありますが、URL部分を見る人も多くいます。そこでコンテンツと全く関係ないドメイン名で付けてしまうと、せっかく信用性のある記事を書いても訪問者に信用してもらえないことがあります。
なのでドメイン取得する場合は必ずコンテンツに合わせたドメインを付けることをお勧めします。

お気付きになった方もいると思いますが、私はこのブログのドメイン名を自分の日記用に取得してしまったためコンテンツに合わせたドメイン名ではありません…。

 

一番検索に引っ掛けたいキーワードをドメイン名にする

上記のように「SEOについて}をテーマにしたサイトである場合は、SEOというキーワードで検索上位に引っ掛けたいはずです。現在のSEOではドメイン名にキーワードを含ませることはSEO対策になると言われていますので、上位で表示させたいキーワードを選定してドメイン名を付けてあげてくださいね。

そこで注意点として、『大文字を使うとSEO効果が低くなる』という点です。これはGoogleのガイドにも載せられておりますが、ほとんどのユーザーが小文字であると想定していることから不必要に大文字を使わないようにと推奨しています。

 

日本語ドメインはSEO効果でマイナスにならない

最近では日本語のドメインも取得が可能になったため、日本語で表した方がユーザーに親切だと思われる内容は有効的です。
例えば「おせんべい」をテーマにしたサイトだったとして、ドメインが「osenbei.com」より「おせんべい.com」で表示された方がわかりやすいですよね。


あまり見慣れないから今は見慣れないかもしれませんが、このまま日本語のドメイン名がSEO対策としてマイナスに影響がないなら増えてくる可能性は大きいと思います。

 

ドメインについての豆知識

ドメインの中にある「http://www.〇〇.jp」この赤くなっている部分を「トップレベルドメイン(TLD)」と呼びます。
このTLDの部分は任意で選ぶことができますが、実はこのTLDにはちょっとした意味があります。

TLDは大きく分けて2つの意味に分けられます。

① 国コードトップレベルドメイン(ccTLD

例えばよく見る「.jp」だと①の国コードトップレベルドメインになり、日本(japan)を表したTLDとなります。これは日本を対象にしてる・日本のサイトという意味で付けられるケースが多いです。その他、日本以外に約250件以上の国コードトップレベルドメインが作られています。

② 分野別トップレベルドメイン(gTLD
またまた例を出すと「.com」これは②の分野別トップレベルドメインとなり、基本的には商業組織用を表す意味になります。 他にも「.net」はネットワーク用、「.org」は非営利団体用、「.pro」は弁護士などの士業など、決められているわけではありませんが、それぞれのドメインには意味があるので、自分の作るサイトのテーマにあったTLDにしてると、「むっ!この人知ってるなぁ」と思われますよ!

本当豆知識程度に覚えておいてくださいまし。

-SEO
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

関連記事

615661

日本一のSEOテンプレート「賢威」が凄すぎる

賢威すげー!!友達にサイトに使ってみたら超すごかったので私もお金に余裕があったら使ってみたいなぁと思いました。 Contents1 SEOで日本一のテンプレート『賢威』を使ってみました。1.1 なんか …

読んでもらえるブログを書くために大事な3つのこと

読んでもらえるブログを書くために大事な3つのこと

インターネットで自分のサイトが検索で引っかかるために、知識として「SEO対策」を理解しておく必要があります。 SEO対策とはとても奥が深く、ビジネスとして専門の業者が存在するほどです。 Content …

SEO忘れてた

SEO対策を意識し過ぎて忘れていた事(斜め読み2分程度)

Googleは、インターネットでキーワード検索するユーザーに対して、検索目的に相応しい情報を表示させることを追求して日々進化しているんだと思います。 Googleが日々進化した結果、「上位表示の条件が …

直帰率を防ぐ!文字の見せ方のアレとコレ

直帰率を防ぐ!文字の見せ方のアレとコレ

開いてみたサイトがパッと見て「見づらい…」と感じて閉じた経験はありませんか? 実は上手なブロガーはブログを書く時にルールを決めていることが多いのです。 この記事では基本的なルールの決め方を説明します。 …

social-buttons.com

『social-buttons.com』とは?アナリティクスで排除する方法

最近アナリティクスのアクセス解析で、参照トラフィックを見てみると『social-buttons.com』というよくわからないサイトからのアクセスが多くあります。 名前的に悪いものに見えなかったので、最 …

LINE@限定記事は友達追加から!

友だち追加

Sorry. No data so far.