読んでもらえるブログを書くために大事な3つのこと

インターネットで自分のサイトが検索で引っかかるために、知識として「SEO対策」を理解しておく必要があります。
SEO対策とはとても奥が深く、ビジネスとして専門の業者が存在するほどです。

Googleの評価&読者、両方の視点から考えた書き方

ここではSEO対策を活かしたライティングについて説明していきます。

ブログを書く上で意識する3つのこと

ブログの書き方に決まりはありませんが、訪問してくれた方には最後まで読んでもらいたいですよね。
読み手を意識してあげることは、いわゆる接客業の接客スキルに似たようなものです。

①記事タイトル

あなたのブログに訪問する人は、そのブログの記事タイトルが自分が検索したキーワードにより近いキーワードだったから訪問した・・・というのは言うまでもありません。

例えば、あなたが頻繁な胃痛に悩まされており、「胃痛 緩和 方法」とGoogleで検索した際に、

胃痛で悩む人に即効く!5つの痛み緩和方法

とタイトルを付けていたら訪問する人も多くいるんじゃないでしょうか。
「誰」「目的」「気軽さ」が含まれていると訪問者が増える傾向があります。

また、タイトル文は簡潔にまとめ、28〜30文字以内にすることがポイントです。
(※Googleの検索結果で表示される文字数が約30文字なので)

②見出し

タイトルで訪問者を呼び込ませたら、本文に入ります。
しかし本文をダラダラと書かれていると、訪問者は「一体どこに目的としている答えが書かれているのか」と読んでいく内にイライラしてきます。

そのため本文をストーリーに見立てて見出しを作ってみると良いと思います。


ブログ見出し

(上から…共感・答え・フォローを意識した作り)

訪問者はブログを開いて2〜3秒程度で、読むor離脱(ページを閉じる)を判断します。
その判断材料は「見出し」です。本文を読んでもらうためには見出しが重要になるということを意識しておきましょう。

③本文

本文は、見出しを含めて2000文字程度になるとGoogleから内容が充実したブログと判断されるようです。
もちろん無駄話をダラダラと2000文字書くのではありません。
ブログのタイトルに沿った内容で訪問者を頷かせる内容を2000文字書くのです。

2000文字書いても読む人はほとんどいない

「2000文字書いた方がいい」と言っておきながらですが、2000文字書いたブログを訪問者が一字一句読んでくれることなんてほとんど無いと考えられています。

訪問者は本文の中から「これだ!」と思った部分だけ読む性質があるからです。
つまり半分以上は読み飛ばされます。

なるべく気にさせる

ここで理解しておくべき点ですが、Googleの評価の1つとして訪問者の直帰率やサイトの滞在時間というのも深く関係しています。

例えば、直帰率が100%で平均滞在時間が3秒程度のサイトだった場合、Googleが判断するとしたら…質の悪いサイトと評価されますよね。

そこで訪問者になるべく読んでもらうために工夫することとして、画像や図を使うことをオススメします。
文字より図やイラストで説明された方がわかりやすい人もいます。

ダイエットのサイトで「体重が3センチ減りました」と文字で書かれるより、ビフォアフターの写真を見せられた方が目に留まりやすく、詳しく内容を知りたくなります。

というように、画像を使うことでより本文を読んでもらいやすく、訪問者からも充実内容のブログと評価される形になります。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です